毎回入力するより、入力規則。

毎回入力するより、入力規則。

Excelで入力するとき、

同じことを何度も入力するなんて、

チコちゃんに叱られます!!

Excelの機能『入力規則』を使うと、

効率よく、

整ったデータベースになります。

どんなとき使うの?

年賀状の住所データのExcel内には、

2か所、入力規則を使っています。

・フラグ(年賀状を送る送らないを判断する項目)

・分類(夫会社、夫親戚など)

フラグ
分類

同じ言葉が入っていると、

統一感もあって、

見た目もグー☆

入力規則なんてどこにあるの?

ちょっと探すのが大変かも…。

Excelのタブ『データ』→『ツール』の中に居ます。

※ Excelのバージョンによって変わることがあります、

『入力規則』の使い方

設定 → リスト を選択し、

元の値のところに、

入れたい言葉をセットします。

各言葉の間には、

『,』カンマ(半角英数字)を入れて区切ります。

増えても大丈夫♪

途中で、入力する言葉が増えたら、

慌てずに!!

該当するセルを選択後、

入力規則のフォームを出して、

リストに、言葉を追加します。

ここがポイント!!

□同じ入力規則が~

に、チェックを入れます。

これで、同じ入力規則をセットしている

セル全部に、同じ内容がセットされます。

入力規則を使って、

Excel出来る女子

目指しませんか?