カッターの刃のお手入れ方法_マメに折ったり取り替えたり

カッターの刃のお手入れ方法

切れ味の悪いカッターを使うのはストレス。

刃の先の切れ味が悪い時は、

先の部分をポキポキ折って、新しい面を出します。

替え刃のケースに付いてる、古い刃を入れる所に刃を入れて、ポキっと折ります。

刃に入ってる斜めの線に合わせるとキレイにカットできます。

折れた刃は、ケースの中に収まるので、安全です。

刃ごと替える

職場のカッター

粘着力があるものを切ったのか、糊のようなものが付いていて、切れ味が悪くなっていました。

こんな時は、刃ごと取り替えます。

スッキリ!!

キレイ!!

切れ味OK!!

錆びている刃も、ケースは問題ない事が多いので、刃を替えると見違えます!!

用途に合わせてお手入れする

カッターをどのような用途で使っているかによって、刃の劣化具合も変わります。

切り絵とか、細かいものを切り抜く作業が多い場合。

マメに刃の先を折って作業すると、ストレスなく、キレイに切り抜く事が出来ます。

刃の切れ味が悪いと、紙が破れたりして、作品が台無しになる事があります。

億劫がらずにどんどん新しい面を出して作業すると、効率も良いです。

刃を長く出す

大きな封筒の封を開ける、

ダンボールの荷物を開ける、

折った紙を切る。

etc

こんな時は、刃を長く出して使用しますので、刃全体が劣化します。

スーッと切れなくなったら、刃ごと取り替えます。

刃は、どんどん替えてストレス知らずのカッター。