ヒートテックはハンガーに掛けて収納。探す手間、収納する手間なし。

ヒートテックはハンガーに掛けて収納

畳むと、半そでなのか、タートルネックなのか、分からなくなるヒートテック。

ハンガーに掛ければ、いちいち広げることなく、確認できます。

ヒートテックを畳む場合

箱にラベリングして、収納する方法もあります。

でも、アクション数で考えると、3アクション。

1.ヒートテックを畳む

2.ラベルを見て入れる場所を確認する

3.しまう

ハンガーならワンアクション。

1.洗濯して干した時のハンガーのまましまう

ハンガーをそのままクローゼットに掛けるだけ。

でも、ハンガーだと、、、

肩が伸びちゃう~

紐が伸びちゃう~

ヒートテックは、1~2シーズンで入れ替えるので、気にしない。

畳んだまま着ないヒートテックより、少ない枚数で循環させるヒートテック。