傘の処分方法いろいろ

実家からの要請

実家から要請があり、

・キッチンの床のワックス掛け

・玄関の三和土の掃除

やってきました。

傘を処分したくない理由

実家の玄関には、

住人(両親2人)の何倍もの数の

長い傘と折り畳み傘。

処分したくない 処分しない理由を母に聞くと、

『誰か来た時に、雨で困ったら渡す!!』

いつ?誰が来るの?!

と、心の中でつぶやき、

なんとか、本数を減らしてもらいました。

傘の処分方法いろいろ

私が住む東京都国分寺市は、

傘は、燃えないゴミの日に、出せばOK。

埼玉の実家は、

傘のほねぐみ→不燃ごみ

張り地→可燃ごみ

傘を分解?して、処分しなければなりません。

この方法が、

処分しにくくさせている。

とも思います。

重い腰を上げて、ほねぐみと張り地に分けました。

やってみると、

はさみでジョキジョキするだけなので、

たいした作業ではありませんでした。

何事も経験ですね( ̄▽ ̄;)

全身バッキバキ

1日目:キッチンのワックス剥がしとワックスがけ

2日目:玄関の三和土掃除

腕から肩、腰、全身が痛いです。

疲れてるはずなので、すぐ眠れると思いきや、

痛くて眠れませんでした( ̄▽ ̄;)

伝わらないもどかしさ

すっきりした玄関を

心地よいと思ってもらえると

いいのですが、

物を減らすことを

ものすご~く

嫌がる母の気持ちを変えるのは、

とても難しいです( ̄ー ̄)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください